おすすめニュース


    image:秒刊SUNDAY

    新型コロナウイルスの感染拡大により、マスク生活がニュースタンダードとなっています。マスクをして生活することが当たり前となり、使い捨ての不織布マスクだけでなく布製やウレタン製のマスクも市場に多く出回っています。そんな中、新型コロナウイルスは空気感染が主な感染経路であると報じられたことで、アベノマスクは無意味だったのではないかとネット上で話題になっているのです。

    コロナは空気感染が主たる経路」研究者らがマスクについても提言

    新型コロナウイルスの感染経路は、接触感染や飛沫感染が今まで伝えられ、飛沫を防ぐためにマスクをして生活することが日常となりました。

    現在では不織布、布製、ウレタン製と様々なマスクが発売されており、洗って繰り返し使える布マスクやウレタンマスクが経済的という事もあり利用している人も多いのではないでしょうか。

    マスクといえば、無料で配布されたアベノマスク小学生の子供を持つ筆者マギーには非常にありがたかったですね。

    そんな中、新型コロナウイルスは空気感染が主たる経路だとして、研究者らが対策を提言したと報じられました。

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    厚生労働省ウェブサイトでは、新型コロナの感染経路として、くしゃみなどで出る大きなしぶきを介した「飛沫(ひまつ)感染」や、ウイルスの付着した場所に触れた手で鼻や口を触ることによる「接触感染」が一般的と説明されている。

    一方、世界保健機関WHO)や米疾病対策センター(CDC)はそれぞれ、ウイルスを含んだエアロゾルの吸入についても、感染経路だと明記している。

    source:朝日新聞デジタル

    空気感染が新型コロナウイルスの主たる感染経路と考えられるようになっていると記載されており、さらにはマスクについても次のように言及されていました。

    国や自治体に対して、ウレタン製や布製のよりも隙間のない不織布マスクなどの着用徹底の周知

    新型コロナウイルス対策として国民に配布された『アベノマスク』と呼ばれた布マスクやウレタンマスクではなく、不織布マスクが推奨されていました。

    布製『アベノマスク』無意味と失態を蒸し返される事態に

    アベノマスクが配布された当時から、布マスクではなく不織布マスクを配ってほしかったという声も多くネット上で寄せられていました。

    そして、今回の空気感染が主な感染経路と報じられ、さらに不織布マスクの推奨が伝えられたことでアベノマスクの失態が蒸し返されたのです。

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    アベノマスクが最悪の無駄遣いな」「アベノマスクが利権だけのコロナ対策だったことが確定」「アベノマスクが云われている以上の失敗」「アベノマスク配布と矛盾するので空気感染は公式には認めないでしょうね」と、ネット上にコメントが寄せられていました。

    一時期、二重マスクが話題となりましたが、もしかしたら二重マスク生活が主流になってくるかもしれませんね。



    画像が見られない場合はこちら
    コロナウイルスは空気感染で拡大か、やっぱりアベノマスクは無意味じゃないかと話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【コロナウイルスは空気感染で拡大か、やはりアベノマスクは無意味だった?】の続きを読む


    梅宮アンナ「何やら偉そうに…結果マウンティング」寿司店での接客に不快感 - 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9789428
    梅宮アンナ「何やら偉そうに…結果マウンティング」寿司店での接客に不快感
    梅宮アンナ「何やら偉そうに…結果マウンティング」寿司店での接客に不快感
    タレントの梅宮アンナ(49)が、ある高級すし店で不快な思いをしたという店主の態度についてつづり、「何故、そんなに、高飛車なのか?」と疑問を呈した。

    梅宮は27日、インスタグラムを更新。訪れた東京・麻布十番にあるすし店の味や接客に満足したというエピソードをつづった一方で、「最近何やら、このホスピタリティに欠けるお店が、目立って」と、別の店での出来事について切り出し、「味や、芸術面、予約困難を売りにしているのだろう。。何やら偉そうにしてしまう大将。結果マウンティング。。大将は、気づいていない。人様から何万円もとって、その重みも考えない感じでいる。。私はそう感じて。。」と、店主の振る舞いから受けた印象をつづった。

    また、「何ヶ月も前から、出すネタが、決まっていて、それを変えようモノなら、不機嫌になる。ネタは、変えてくれましたが、仕方なくって感じで、気持ちよく、臨機応変には、ならなくて 常連さんだけに、話したりもしていた」という。「なんか、それって、感じ良くないですよね。皆さん平等にして欲しいなって。。。常連さんでも、新規で来た人にも」と梅宮。「何故、そんなに、高飛車なのか?職人気質。。プライドを持つ事は、大事ですが、人をたのしませられないのは、ちょっと 人を人前で恥をかかせたりと。。特別扱いして欲しい訳ではなく、普通にして欲しいだけなんですよ」と思いをつづった。

    【日時】2021年08月27日 09:55
    【ソース】日刊スポーツ

    【梅宮アンナ「高級寿司店の接客に不快感 「何やら偉そうに…結果マウンティング」】の続きを読む


    ラブラドールレトリバーが見せた「哀愁漂う背中」に相次ぐ同情の声 - ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9787636
    ラブラドールレトリバーが見せた「哀愁漂う背中」に相次ぐ同情の声

     「ガックシ……」という声が聞こえてきそう。ラブラドールレトリバーのマリーちゃん(9歳)の「哀愁漂う背中」が見た人の同情を誘っています。肩をポンとたたいて「どうした?話聞こうか?」と声を掛けたくなってしまいますね。

     マリーちゃんは埼玉県加須市にある豊和精機製作所の社長宅で暮らすワンちゃん。性格は一言「パリピ」とのことで、普段は明るい性格なのでしょうが、写真からはどうもパリピ感は失われている気が……いったい何があったのでしょうか。

    マリーちゃんの哀愁漂う背中には5万件を超えるいいねが

     飼い主さんの話によると、写真は事務所での一コマ。作業場から事務所に戻ると、このマリーちゃんの「哀愁漂う背中」が目に入ってきたのだそう。

     マリーちゃんに何があったのかは結局のところ分からなかったのですが、この姿を見て「なんかがっくりきてるっぽいなぁ」と思い、写真を投稿したところ、ツイートは瞬く間に大きな注目を浴びることに。

     5万件を超える「いいね」がつくなどの思わぬ反響に、飼い主さんは「最近『アルミホイル・ソロキャンレシピ』と言う本を出したのですが、そっちじゃなくて犬が話題かよ!って感じですね(笑)」とコメント。やや複雑そうな心境を語っています。

     折角なので……書籍も紹介すると、飼い主さんこと佐藤一博氏は「20年間布団で寝ていないアウトドア研究家」として広く知られる人物。昨今はやりの「無骨キャンプ」の先駆け的存在です。

     7月31日に秀和システムより発売された「アルミホイル・ソロキャンレシピ」(税込1430円)では、「アルミホイルがあればアウトドアレシピに道具なんていらない」「最小限の道具でカンタンにそこそこウマいものを作る」をコンセプトに制作。自動車のマフラーでステーキを作る、といった佐藤氏らしいワイルドの極みレシピも紹介されていますよ。

    <記事化協力>
    (ル)豊和精機製作所さん(@HowaSeiki)

    (山口弘剛)

    【日時】2021年08月27日 18:00
    【提供】おたくま経済新聞

    【ラブラドールレトリバーの「哀愁漂いすぎる背中」に同情の声多数】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    こちらもおすすめ!

    こちらもおすすめ!

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ