おすすめニュース


    安田美沙子“YouTubeチャンネル”が悲惨...「生き延びられない」「きっつい」 - 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9783683
    安田美沙子“YouTubeチャンネル”が悲惨...「生き延びられない」「きっつい」
    安田美沙子“YouTubeチャンネル”が悲惨...「生き延びられない」「きっつい」
    昨今、数多くの芸能人がYouTubeに進出しているが、成功を収められるのはひとにぎり。メディア露出が少ない芸能人にとって救いの場である一方、現実はかなり厳しいようだ。

    はんなりとした京都弁と癒やし系のルックスで、2000年代に人気を博した安田美沙子もその1人。安田は昨年9月にSサイズモデルさりと『みさことさりHOME』を開設し、ファッションやメーク、健康グッズ紹介といった動画を投稿している。


    しかし、他のモデルや美容ユーチューバーとの差別化ができていないのか、再生数は数千回がコンスタントという低空飛行。ここ3カ月は1000〜4000回再生と低調が目立ち、あまり芳しい結果が残せていないようにも思えてしまう。


    ■個人チャンネルも安田美沙子の再生回数は数千ほど…
    この有様はネット上でも、

    《結婚して金持ってるやつの道楽なんて見ない》
    《安田美沙子の犬めちゃくちゃかわいいのに何故出さない!》
    《SHELLYレベルの尖った事やらんと生き延びれん》
    《この手の分野では仲里依紗が最強だろ あれに勝てる女性おらん》
    《きっついなあ》
    《夏のマストアイテムを教えてくれてるのに2000再生て あかんやろ》

    「これはあくまでSサイズモデルさりとの合同チャンネル。彼女個人は、11月にソロでYouTubeデビューを果たしています。こちらも再生数は数千回がコンスタントですが、最近は芸人とのコラボが目立つようになり、『チュートリアル』徳井義実、『TKO』木本武宏、『インパルス』堤下敦らが続々と出演。こうした企画の時は再生数も数万〜数十万に跳ね上がるので、まだまだ伸びしろを秘めているのではないでしょうか」(..
    【日時】2021年08月26日 07:30
    【ソース】まいじつ
    【関連掲示板】

    【安田美沙子“YouTubeチャンネル”が悲惨な状況に….「生き延びられない」】の続きを読む



    NO.9789254
    世界で一番安全な国番付ランキング、5位「米国」4位「フランス」3位「ニュージーランド」2位「スイス」1位は「日本」?それとも?

    「日本は治安が良くて安全な国」そんな話を誰しも一度は聞いたことがあるだろう。しかし現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を機に、何が安全で何が危険なのかの基準が一変してしまったことは読者のみなさんもご存じのことだろう。

    そんな中、アメリカのブルームバーグが毎月まとめている、世界で最も安全な国・地域の番付が注目を集めている。果たして現在はどこの国が1位で、日本は何位になっているのだろうか。

    日本でもほぼ全員がマスク着用で街中を歩く様子が当たり前となった

     ブルームバーグは7月28日、新たな「COVIDレジリエンス(耐性)ランキング」を発表した。このランキングでは世界53の国と地域を対象として、「ワクチンを接種した人口割合」や「ロックダウンの深刻度」、国内外向けの空路の復活度合いを示す「フライト能力」、陸海空路を含めた越境の容易さを示す「ワクチン接種後の越境可能ルート」の4項目を点数付け。それらの内容をもとに「どれだけパンデミック前の状態に戻れているか」を「耐性スコア」として算出している。

     7月のランキングで5位となったのは「米国(アメリカ)」だ。アメリカは前月となる6月のランキングでは1位を獲得していたものの、ヨーロッパ各国でワクチン接種が進み次々と追い越されていった結果のようだ。そして4位には「フランス」。ロックダウンの深刻度で他の欧米諸国よりも改善されたことが、先月の5位から1ランクアップした理由と言えそうだ。

    「名前はよく知ってるけど、遠すぎて位置はよくわかってない」ノルウェー

     トップ3に入り、3位は「ニュージーランド」となった。ワクチン接種は比較的進んでいないものの、島国であるという特徴を活かした徹底的な入国の管理が功を奏したようだ。2位にはヨーロッパの「スイス」がランクイン。フライト能力の評価は高くなかったものの他の項目でカバーしたことで、前月のランキングから1ランクアップ。逆にニュージーランドは1ランクダウンの憂き目を見た。

     そして7月のランキングで「最もパンデミック前に近い状況」と評価されたのは、北欧の国「ノルウェー」だ。4項目とも総じて高い評価を獲得している“北欧の優等生”は、なんと前月発表の11位から大きくジャンプアップを果たし1位に輝いたのだった。

     ちなみに我らが「日本」は全体53地域のうちの26位。前月から3ランクダウンしている。ロックダウンの深刻度以外は良いとは言えない評価となったのが原因だろう。今後ワクチン接種が進むことで、他の規制も段階的に緩和されていくことに期待したい。

     この順位を高いと見るか低いと見るかはそれぞれの判断にお任せするが、なんにせよ一人ひとりが感染対策に気を引き締めて過ごすことが、パンデミック前の生活を取り戻すためにいま最も必要なことなのかもしれない。

    参照元:米国1位守れず、経済再開もデルタ株打撃-コロナ時代の安全な国番付【Bloomberg】

    【日時】2021年08月28日 08:00
    【提供】オトナライフ

    【世界で一番安全な国番付ランキング、5位「米国」4位「フランス」3位「ニュージーランド」2位「スイス」1位は「日本」?それとも他の国?】の続きを読む



    NO.9788640
    ケンコバ“ワクチン接種後の高熱の副反応”でのバイク運転に「呆れる」「事故起こしたら…」
    ケンコバ“ワクチン接種後の高熱の副反応”でのバイク運転に「呆れる」「事故起こしたら…」
    8月24日深夜放送のトーク番組『にけつッ!!』(読売テレビ)で、お笑い芸人のケンドーコバヤシがワクチンの副反応についての経験を告白。「危険すぎる」とケンコバを批判する声があがっている。

    2回目の新型コロナウイルスワクチンを打ったというケンコバ。すぐに副反応は出ず、1日空いてから症状が出始めたという。しかもその時は、バイクの運転をしている時だったそうで「バイクに乗っているときにフラフラして、なんかクラクラするぞってめっちゃ怖かったです」と告白。家に帰って体温を測ったところ37度5分で、幸い、それから熱は下がってすぐに症状がおさまったようだ。

    ■副反応が出やすい日にバイク運転
    するとこのエピソードにネット上では

    《副反応はその大きさだけじゃなく、出るタイミングも人それぞれ違うみたいなので丸2日くらいは気を付けた方がいいと思います》
    《うちの会社、接種会場へは自家用車ではなく交通機関を使えと通達出てました。接種後に副反応出て、事故起こしたら大変ですからね》
    《自分の意識の低さ露呈する馬鹿さ加減に呆れる》
    《二回目の翌日にバイク運転するとか正気の沙汰じゃない。警察はケンコバを事情聴取すべき》
    《バイクのんなよ。1週間は警戒せぇよ》
    《いやいや、バイクに乗るなよ。こんなので轢かれたらたまらない》
    《何日も副反応があるって皆が大声で言ってるのに、なんでバイクに乗ったのだろう……タクシー使えよ。事故にならなくて良かった》

    など批判的な声があがっている。

    「ワクチン接種の2回目の副反応は、翌日に出る人が多いと言われています。それだけに、その日にバ..
    【日時】2021年08月27日 17:33
    【ソース】まいじつ
    【関連掲示板】

    【ケンコバ “ワクチン接種後の高熱の副反応”でのバイク運転に非難の嵐】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    こちらもおすすめ!

    こちらもおすすめ!

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ