6割以上の人が理解できなかった“言葉” 「もう通じないの?」の声も - ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


NO.9855416
6割以上の人が理解できなかった“言葉” 「もう通じないの?」の声も
6割以上の人が理解できなかった“言葉” 「もう通じないの?」の声も
昨今、絶えず新しい言葉が生まれており、気がつけば若者が意味のわからない言葉を使って会話している…なんて状況になったこともあるのでは。その一方で、一昔前に使われていた言葉が通じなくなるケースも…。


■6割超「ネットスラングが理解できない」
しらべぇ編集部では、全国10〜60代の男女384名を対象に「ネットスラング」について意識調査を実施した。

その結果、全体の63.0%が「ネットスラングが理解できなかった経験アリ」と回答。年代別では、50代・60代以上は共に80.3%と非常に高い割合に。一方、20代が42.9%と割合としては最も低く、次いで10代が51.6%という結果に。

■ネットスラングとは…
ネットスラングとは、もともと「○ちゃんねる」をはじめとするインターネット掲示板で作られた俗語だ。当時作られたネットスラングの中には、「ググる」「コピペ」「リア充」といった日常に馴染んだ言葉も多い。

また、現在は若者を中心にSNSで新たなネットスラングが次々と生み出されている。

■50代男性は「歳を重ねるごとに…」
ネットスラングが理解できなかった経験があるという50代男性は「歳を重ねるごとに若者が使ってる言葉が理解できなくなってる気がします」と語る。男性はわからない言葉があるたびに、子供に教えてもらうというが、「教えてもらった言葉が自分の中で馴染む前に、違うわからない言葉が流行ってるんですよね」と漏らしていた。

ネットニュースなどで「流行語大賞」などをチェックするそうだが、「何が流行ってるのか全くわからない」と話していた。

■「ggrks」がわからない10代
最近まで、ネットス..
【日時】2021年09月21日 04:30
【ソース】しらべぇ
【関連掲示板】







#8 [匿名さん] :2021/09/21 10:37

ロンパリって何ですか?


#9 [匿名さん] :2021/09/21 10:37

>>8
ロンドンとパリ


#15 [匿名さん] :2021/09/21 10:45

>>8
あっち向いてホイ


#21 [匿名さん] :2021/09/21 11:40

>>8
(一方の目はロンドンを、
他方の目はパリを見ているの意から) 斜視をいった俗語


#32 [匿名さん] :2021/09/21 12:14

>>21
_φ( ̄ー ̄ )ありがとうございます。


#10 [匿名さん] :2021/09/21 10:38

イグー、イグー


#12 [匿名さん] :2021/09/21 10:43

>>10
群馬弁?


#18 [匿名さん] :2021/09/21 11:08

ナウなヤングと交流したい


#19 [匿名さん] :2021/09/21 11:18

>>18
君自体がモボにならないと無理だね