NO.9864917
日本人は知らない…インフルエンザワクチンを「筋肉注射」にすべき理由
日本人は知らない…インフルエンザワクチンを「筋肉注射」にすべき理由
ワクチンの接種方法と言えば、日本では「皮下注射」が主流です。そのためコロナワクチンが「筋肉注射」であると聞いて、インフルエンザワクチンより痛そうと思ったり、副反応の報告が多いことから不安に感じたりする人は多いのではないでしょうか。コロナワクチン、ひいては筋肉注射に対してネガティブな印象を抱く人も少なくないでしょう。しかし現役医師の筆者は「インフルエンザワクチンも筋肉注射にすべき」と語ります。一般には知られざる、筋肉注射のメリットを見ていきましょう。

■日本人にとって「筋肉注射」は珍しい接種方法だが…
私は東京都で、新型コロナウイルスのワクチン接種に携わっています。接種時によく耳にするのは「インフルエンザのワクチンですごく腕が腫れたので、コロナのワクチンが怖い」「筋肉注射、テレビで見たけど痛そう」という不安の声や、「あれっ、もう注射し終わったのですか? 思っていたより痛くなかった」などの感想。

米国を含めて諸外国では、インフルエンザなど不活性化ワクチンは、新型コロナウイルスのワクチンと同じ筋肉注射が行われています。なぜなら、筋肉注射のほうが「接種部位の副反応が少なく、ワクチンの効果が高い」ため。ところが日本では、インフルエンザワクチンなど、多くの不活性化ワクチンは皮下注射で行われています。

■筋肉注射が「免疫効果が高く、副反応が少ない」仕組み
筋肉注射は、免疫効果が高い

英国UCLメディカルスクールのジェーン・ザッカーマン博士は、2000年の英国医師会雑誌に、「ワクチンを筋肉に注射することの重要性」を報告しています(※1)..
【日時】2021年09月23日
【ソース】幻冬舎