1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/27(木) 09:41:31.16

1/27(木) 7:15
NEWSポストセブン

小島瑠璃子 本格的な中国進出に向けて「中国で一番有名な日本人」に接触

中国語修得に必死になるのには理由があった?
“こじるり”ことタレントの小島瑠璃子(28)が、本格的に中国進出に向けて動き出した。中国版ツイッター「ウェイボー」で、小島がファンに向け、流暢な中国語で『中国語を勉強しています!』『中国大好き!』などと猛アピールする動画が次々と投稿されている。

「彼女は2018年から本格的に中国語のレッスンを受け始め、当時のインタビューで『(2018年の)クリスマスは祖母とホテルのスイートルームで過ごす予定。ホテルに中国語の家庭教師も来てくれる』と話したこともあるほど熱心に中国語の勉強に励んでいた。ウェイボーを見た現地の中国人からも『こんな短期間でここまで上手くなるのは相当な努力が必要』という声が上がっています」(芸能記者)

 小島がこれだけ中国語修得に必死になるのには理由があった。

「かつては『バラエティー女王』と言われた小島さんですが、今はレギュラー番組も減り、自身も番組内で『日本だけだと3〜5年後くらいに尻すぼんでいく感じがする』と語っていたこともありました。一時は交際していた漫画『キングダム』の作者・原泰久氏と結婚間近とも言われていましたが、破局した今はふっ切れ、今後は中国を拠点に仕事ができる土台を作りたいと考えているようです」(同前)

 小島がそのために接触したのが、中国に拠点を置き、「中国で一番有名な日本人」として知られる俳優の矢野浩二(52)だ。

「矢野さんは日本ではまったく無名でしたが、2000年に中国に渡り、中国のドラマや映画で端役の日本人兵役からキャリアを積み重ね、バラエティー番組のMCとなり大人気に。

 今ではウェイボーの現地フォロワーは1700万人超えです。最近久々に来日したのですが、このタイミングを逃すことなく、小島さんは早速矢野さんとウェイボーで対談しているのです。中国語での対談でしたが、小島さんは矢野さんの問いにもスムーズに中国語で返答していた。矢野さんも『年も若いのに可愛くて聡明』とべた褒め。中国では歌手になりたいと公言している小島さんですが、矢野さんのサポートがあれば実現するかもしれません」(スポーツ紙記者)

 仕事では“良きパートナー”が現われたようだ。

※週刊ポスト2022年2月4日号


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/744f95620e5ae5a1061890194aaf2d0e262d6344





3 名無しさん@恐縮です :2022/01/27(木) 09:42:49.26

蒼井そらじゃないのか


47 名無しさん@恐縮です :2022/01/27(木) 09:55:58.53

>>3
これかと思ったのに


32 名無しさん@恐縮です :2022/01/27(木) 09:52:13.60

上位互換増えたし
行って戻ってこなくていいぞ


37 名無しさん@恐縮です :2022/01/27(木) 09:53:38.67

>>32
上位互換って氷川きよしのこと?